大雨に見舞われた時は、早めに修理店へ

防水仕様のデジタル機器が増えてきましたが、まだまだスマートフォンの大半は水に弱いです。ゲリラ豪雨や台風に遭遇し、手元の端末が激しく水に濡れてしまったら、水没に近い状況になります。自然災害に見舞われた後、スマホの動作がおかしくなったと感じたら、早めに最寄りのスマホ修理店に行きましょう。水没修理はアプリの不具合とは違って、ユーザー側で直るものではありません。アプリの不具合であれば、詳しい友達に直してもらったり、ネット上のアドバイス記事を見て自力で改善させられます。

水濡れの故障は物理的なダメージを受けているため、ユーザー側で対処出来る要素は残念ながらゼロ、不安定なまま使い続けると、更に酷い故障になりかねません。修理の成功率は預けるスピードと密接にリンクしています。水濡れに遭遇した当日、あるいは翌日に預ければ修理の成功率は大幅にアップ、そして修理費もお安く抑えられます。

画面割れの修理はパネルの交換で対応してもらえる

スマホ本体を地面に落としてしまった場合、誤って床に置いていたスマホを踏みつけてしまった場合なども、早めに専門店に持ち込むが正解です。落下や踏みつけで画面に傷を入れてしまったり、ひび割れを起こしてしまえば、正しくスマホアプリが使えなくなります。タップしても無反応になったり、触っていないのに勝手にアプリが起動したりすれば、安心してスマホを使い続けません。画面関係の修理は、部品交換で対応してもらえます。リーズナブルなコストで、ほとんどの場合、一時間程度で画面修理が終わりますので、悩むよりもすぐにお店に相談した方が精神衛生的にもプラスです。

待ち時間が少なく、素早いスマホ修理が可能な場合もあります。スピード面を重視して修理を手掛ける店を選ぶ事も可能です。