情報の詰め込み過ぎは見づらいホームページに!

ホームページを作る時の超基本は訪問者の見やすいホームページを作るということです。個人のショップや個人のホームページで大手通販サイトのような作りを真似すると直帰率が大幅にアップします。何故なら情報が詰め込まれ過ぎて非常に見づらいからです。訪れた人がそのホームページを見るか、見ないか、その判断を下すのに要する時間は5秒程度なので、訪れたホームページが見づらいとなるとすぐに離脱されます。ホームページを作るためにHTMLやCSS、JavaScript、PHPなどを覚えることも基本ですが、それ以上に大切な超基本が訪問者の目線になり、見やすいホームページを作ることです。様々な情報を詰め込みたいのは分かりますが、詰め込み過ぎると非常に見づらく、分かりづらいホームページとなってしまう可能性が高くなるので注意しましょう。

孤立しているページを作らないようにしよう!

ホームページを作る時の基本はまず設計図を書くことです。設計図を書いて何をどこに配置するかをしっかり決めていきます。配置をしっかりと決めていない状態でホームページの作成に取り掛かると時間だけが過ぎて行き、いつまで経ってもホームページが完成しないという状況に陥ってしまうことが起こってしまうので注意しましょう。また、設計図を書く時には孤立しているページがないかもしっかりと確認し置くことが大切です。どのページともリンクされていない孤立したページがあるとSEO的にも良くないのですが、それ以上に訪問者にとって見づらく、分かりづらいホームページとなってしまいます。ホームページの作り方の基本は訪問者が見やすく、分かりやすい訪問者に優しいホームページを作ることです。

ホームページ作成は代行できます。専門知識が無くても掲載内容など具体的な情報を提示することで制作してもらえます。